OPEN1年

今日でお店をオープンして1年が経ちました。

日頃、ご来店頂いておりますお客様、並びに応援して頂いております皆さんには
心より感謝の気持ちでいっぱいでございます。
 
久しぶりのブログで少々緊張しておりますが、
乱文・長文失礼します。
 
New moonのことで、動き始めたのはちょうど2019年1月お正月明け。
35件近くの不動産屋さんに一人で回り、
「あなたの条件に合う店舗なんてないよ。」と散々に言われ続け、
泣きながら探し続けたのを昨日のように覚えています。
 
最後に見つけたのが今の003号室。
 
何もないすっからかんの部屋で
何かもわからない漠然とした不安に襲われて
一人で何時間も小さなお店の中をぐるぐる回っていたことが、何年も前のように感じます。
 
準備をすすめ、無事オープンはしたものの、お客様はゼロ人。
オープンして3週間目。初めてお客様のご予約が入った感情は今でも忘れません。
 
お店をオープンする時に、大きなお店を構えることも沢山考えました。
だけど、お客様との距離感が遠くなってしまうと思い、
今の小さなプライベートサロンに決めました。
1年経った今、本当にここでオープンしてよかったなぁと思っています。
 
お客様1人1人のお悩みとしっかり向き合えることができて
そして他の人を一切気にせずなんでも話せるような空間を
数あるエステサロンからお選び頂いておりますお客様には本当に感謝しきれません。
 
私がエステサロンをオープンした理由は
皆さんにもっと自分自身を大切にして欲しいな。という気持ちからです。
 
これは以前の私に、伝えたかった言葉でもあります。
仕事とプライベートに追われる日々で、気づいた時には体調を崩し、引きこもっていました。
薬の副作用で今よりも体重が8Kgも増えていたこともあります。
 
お仕事や子育てで忙しい女性は、自分の身体や心と向き合う時間が、なかなか確保できないと思います。
気づいた頃には足がパンパンにむくんでいたり、ストレスで過食して体型に変化が出ていて、
自分では対処できない…そんな女性たちが沢山いることを知りました。
 
年齢・境遇は違っても、すべての女性の味方でありたいな。と思っています。
今までも、これからもこの気持ちは一切変わりません。
 
2年目に入り、今後は、過食症やうつなどメンタルケアが必要な方々へのサポートにさらに力を入れ、
今後とも精進していきます。
 
久しぶりのブログで、ちょっと真面目なことを書いてしまったのですが、
私がどんな人かはYouTubeを見てもらえると、分かると思います。
よかったら覗いてもらえると嬉しいです。
 
 
これからも私らしく、のんびりゆっくり頑張りますので、
今後とも宜しくお願いします。
 
 

 

 

【台風19号】災害ボランティアへ

YouTubeアップしました。

 

https://youtu.be/acEpoG__CjQ

 

ずっと、災害ボランティアに来たかったのですが、
なかなかスケジュールが組めず、やっと行くことができた。

 

たくさんの被災地がある中で、福島県いわき市を選んだ理由は
祖父祖母が住んでいるから。

 

幸いにもうちの親戚には被害はありませんでしたが、
同じく近くに住んでいる伯母から送られてきた、道路が川になっている写真を見て
決して他人事にはなれなかった。

 

3.11のとき、祖父祖母の家が被害にあったとき、
たくさんのボランティアが来てくれたと聞いて、
いつか恩返しがしたいと思っていた。

 

9:30頃、いわき市ボランティア受付に到着。
ボランティア保険に加入していなくても、無償で加入できます。

 

4~8人のチームに分かれて、車で現場へ。
午前中は、一人暮らしの80代お母さん家へ。

 

こんなにも大雨になるなんて誰しもが予想しなかったのと同じように、
台風当日の夜、お母さんは平屋のお家で、就寝中だったとのこと。

 

足元が濡れていると思って、「はっ。」と起きたら、
周りはすべて水だったと聞いて、
私には、この恐怖は耐えられないと思った。

 

もちろん畳も、大事なものも、ほとんど浸水してしまっていた。
私がいった今日は、もうすでに畳もはがした後で、だいぶ綺麗になっていたように見えた。

 

しかし、台風がきて2か月経った今も
庭の奥には、どこから流れてきたかは不明な、
何かの棒や、大きな部品があったりした。

 

この現状は、
自分の目でしか見ることが出来なかったし、
これが現実であることに、疑いたくなる気持ちもあったりした。

 

ある程度片付いてくるとなると、チームリーダーは、
その日のボランティア終了後に
ボランティア継続の有無を確認することになる。

 

確かに、毎日ボランティアが入ることで、
綺麗になりつつあるが、お母さんの心は
片付くわけもない。

 

しかしながら、いわき市社会福祉協議会(ボランティア主催者)も
ボランティアをいつまでも継続することが難しいと思うし、
これが現状だと思うと、勝手に心が痛くなった。

 

お母さんは自宅の隣にある、建設されたばかりのマンションを見て、
「あんな風に新しい、家を建てれたらいいけど。もう無理だね。」と言っていた。

“がん”を患っていることを知っている私からすると
無念で仕方なかった。

 

最後に車からお母さんを見たときに、
どんな顔でどんな言葉を言えばいいか分からず、ただ会釈だけしかできない自分が
本気で嫌いになった。

 

f:id:Newmoon2019:20191218215543j:plain


午後は農家さん家へ。
写真や動画は、SNSなどのアップは禁止されていますが、
今回、特別にオーナー様に許可を頂きましたため、YouTubeとこのブログにてアップさせて頂きました。

 

かつて田んぼの苗などを栽培していた
ビニールハウス内。

 

泥でぐちゃぐちゃになっており、ボランティア開始前は大きな山ができていた。
20人ちかくのボランティアでも、途方にくれるほどの量であったが、
3時間ほどで綺麗になった。

 

水分を含んでいる土は重くて、運んでも運んでも底がなかなか見えず、
改めて土・泥の恐怖を感じた。

 

f:id:Newmoon2019:20191218215614j:plain



今回、災害ボランティアに来ていた人は
学生さんから定年後の方まで。私のように東京・千葉・静岡などの関東県内から
来ている人が多かった。


どちらかというと、地元いわき市の人は、慢性的なストレスもあったりして、ボランティアになかなか参加できない人も多いとのこと。だからこそ今、ボランティアが必要である。

 

国籍も名前も年齢も経歴もバラバラだけど
ボランティアをして、少しでも被災された方への思う気持ちは
みんな同じように感じた。

 

みなさんが不慣れな私にも優しくしてくれたりして。
いつも、ボランティアをして思うことは、
感謝の気持ちを言われるよりも
私の方がほっこり、温かい気持ちになるということ。

 

こちらの方が、感謝の気持ちをいいたい。

 

現在、福島だけでも5つの避難所があり、避難生活をされている人がいるとのこと。
自分のできる範囲で、これからも手を差し伸べていきたい。

f:id:Newmoon2019:20191218220017j:plain

 

過去の記事です。 

newmoon.hatenadiary.jp

newmoon.hatenadiary.jp

newmoon.hatenadiary.jp

 

www.youtube.com

保護犬・保護猫カフェへ

お題「どうしても言いたい!」

 

先日、保護犬・保護猫カフェに行ってきました。

詳しくはYouTubeにて。 https://youtu.be/XxusWKHHRHA

 

 

私は動物不可のところに住んでいて、一緒に暮らすのは難しいので、
少しでも興味のある方へ、見て欲しいな。という気持ちで動画をアップしました。

 

飼い主と離れた悲しみ、人間に対する恐怖、これからの不安、

いろんな感情を抱いているように見えました。

 

だけど、ワンちゃんネコちゃんなりに頑張っていて、

私の方が元気をもらってしまいました。

 

人間は病院にいくのに、ペットの治療は放棄。

3本足でも、元気いっぱいなロイちゃん。

 

 

責任を持てないのであれば、動物と暮らすのはやめて欲しい。

 

www.metro.tokyo.jp

 

東京都は殺処分0を達成しました。とか言ってるけど、

動物愛護に力を入れている広島や地方に、動物たちを送り込んでいることなど

誰も知らない。

 

1匹でも殺処分の数を減らせるよう、

自分の出来る限りのことをしていきたい。

 

 

https://youtu.be/XxusWKHHRHA

エコバックを持つ理由

ずっと愛用してた、エコバックを友人に譲ったので

最近新しくしました。

 

f:id:Newmoon2019:20191123210951j:plain

めっちゃ大きくて、なんでも入ってお気に入り。

 

「エコバックを持っても、環境破壊には変わらない。」

 

という記事が沢山出ていますが、なぜエコバックを持つのか

分かってないのかなぁと思ってしまいます。

 

 

f:id:Newmoon2019:20191123212806j:plain



海のプラごみ削減へ新組織 国連、政策や代替品検討 - サッと見ニュース - 産経フォト

 

写真を見るからに、ビニールとプラスチックだらけでしょ。

 

簡単に考えて、ビニール袋の使用量が減れば、

必然的にビニールゴミも、増えることはなくなる。

 

それだけの話。

 

そして動物たちも、人間と一緒。

 

紙を食べたら、う◯ちとして出てくるけど、

ビニール袋とプラスチックは命の危険があることを、知らない人が多いはず。

 

www.vice.com

 

ちなみに店近くのスーパーでは

エコバックを使っている人は、ほぼ見たことない。

 

いつか、エコバックを持たないで買い物をする人が

恥ずかしいと思えるぐらい日本がエコ大国になれば

いいと思ってる。

 

みんな次第。

 

 

【おすすめの痩身エステ】看護師がタイプ別に徹底解説|New moon

お題「どうしても言いたい!」

 

ダイエットをしているのに、なかなか結果が出ない人も多いのではないでしょうか?仕事や育児で忙しいみなさんには、貴重な時間を使って運動を続けたり、食べたいものを我慢するといった食事制限だけでは、少し厳しいように感じます。


そこで、頼りたいのが“痩身エステ”ですよね。

 

しかし、痩身エステといっても、マシンの種類や施術内容が異なって、どれが自分に合っているのか、分からない人も多いと思います。


今回は、看護師でありエステティシャンの私が、おすすめの痩身エステをタイプ別に説明していきたいと思います。皆さんにピッタリのエステが見つかると嬉しいです。

 

今回は今話題になっている、痩身エステ6種類を選びました。

説明が少しだけ長くなってしまったので、私の実体験も含めた表を出します。
こちらです。

 

 

f:id:Newmoon2019:20191122211757p:plain

 

あとはご興味のある部分を見て頂けたら嬉しいです。

 

 

続きを読む

カウンセリングに対する意識を変えたいな

みなさんはカウンセリングを受けたことがありますか?

 

カウンセリングと聞いて、ほとんどの人は
“心に病気を抱えている人”や“病んでいる人”が通うといったイメージがあるかと思います。

 

実際に「カウンセリングに行ってるよ。」というと、友人から距離を取られた過去もあります。なぜ日本ではこんなにも、カウンセリングが受け入れられないのか、不思議です。

 

アメリカでは、カフェに行くような感覚で、行く人が多いです。カウンセリングに対する敷居が低く、病気を治すというよりかは、メンタルの調子を保つ感覚だそう。芸能人や経営者なども受けられる方が多いみたいです。

 

カウンセラーも日本と違って、ちゃんと州毎に資格が確立されていることから、プロフェッショナルな仕事でもあります。

 

別に隠していたことではないのですが、このきっかけに話します。
私は過去に、パニック障害で、調子を悪くしていた時期があります。今は完治をして、こうしてお店も出せているわけですが、当日は薬も飲んでいましたし、カウンセリングも通っていました。もう何年も前のことではあるのですが、今も3か月に1回のカウンセリングを受けています。カウンセラーがおじいちゃんなので、季節の変わり目におじいちゃんに会いに行くような感覚です。そのおかげで、今は毎日元気でいられています。

 

話は戻しますが、誰にでも、話すことが出来ない悩みを持っていると思います。
友人はもちろんのこと、家族や恋人といった近い距離だからこそ、話すのが難しかったりもします。

 

そんな悩みを抱える方のために、打ち明けることのできる場所をつくりたいという思いも、お店のオープンに至った理由の1つです。

 

血のつながりもなく、友人でもない、だけど身体のことをある程度知っている私にしか、出来ないことだとと思ったからです。心が穏やかになれば、体形や体調にも自然と変化が出てくることも知っています。


オープンして以来、多くのお悩みも聞いてきました。守秘義務なので内容は話せませんが、どれも人や社会が生み出したえぐい内容だったりします。そんな悩みを「はじめて人に話しました。」といってくれる方々が多く、私としては「そんなにも辛い思いを今まで一人でしたのかぁ。」と心が痛みます。病気であっても、そうでなくても、今後も、打ち明けやすいセラピストでありたいと思っています。そして、施術を通して、いつも緊張してばかりの、筋肉をほぐし、リラックスしてほしいなと思っています。

 

当店では過食症や心にお悩みを抱える方もお待ちしております。施術なしのカウンセリングのみも可能ですので、お気軽にお問合せください。Instagram メッセージにて詳細を頂けると、助かります。

https://www.instagram.com/newmoon___official/

 

 

余談ではありますが、アプリを使って、配信を行っています。心にお悩みを持つ方がメインとなって集まって下さり、病気や社会のこと、色んな話をしてます。不登校の中学生から年配の方まで、みんな色んな思いを抱えて頑張っているんだなと思うと、私も勇気をもらえたりします。ご興味のある方は、ぜひお伝えしますので、ご連絡下さい。

 

最後に
日本のカウンセリングに対する意識が変われば、もっとみんなが暮らしやすくなると思ってます。病気である方も、そうでない方も、気軽に話せるようなセラピストであり続けたいと思っています。固い内容になってしまいましたが、すべて本心です。いつまでも自分らしくありたいと思っています。

 

 

www.newmoon-estheticsalon.com

 

 

 

今週のお題「〇〇の成長」

「リンパがつまっている。」に騙されないで|New moon

 

本日も美容ネタです。
エステやマッサージに行って、施術者から「リンパがつまってますね。」と言われたことはございませんか?実はこの言葉、根拠がございません。その理由を説明していきたいと思い ます。

f:id:Newmoon2019:20191116223438j:plain


リンパがつまっていたらどうなるか?

「リンパがつまってます。」と言われたら、誰しもが不安になりますよね。実際にリンパがつまることもあるのですが、こういった場合は病気に分類されます。なので、皆さんのリンパはつまっていませんので、ご安心ください。

 

この“つまり”のようなものは何か?


→“コリ”がほとんどです。コリ=筋肉の緊張。
デスクワークでは肩こりの人が多いですよね。これはずっと首をすくめた姿勢でいることによって、体重2%の重さである脳がダンベル替わりとなっており、肩を毎日筋トレしてしまっているような現象にあたります。

 

このように日常生活も運動と同様、筋肉を使っているのです。これがメンテナンスされないまま、永遠に使われ続けることによって“コリ”が完成してまうのです。

 

“コリ”はマッサージをする時、される時に“コリコリ”したりしますよね。(ダジャレではない。)
これをたぶんエステティシャンは“リンパ”と勘違いされ、「リンパがつまっている。」と言っているのだと思われます。

 

f:id:Newmoon2019:20191116224138j:plain

老廃物はほぼリンパにない。


よく「“リンパマッサージ”でリンパの流れを良くしましょう!」と言いますが、
そもそも老廃物(生きる上で不要になったもの)のほとんどは血の巡りを通して、外に出ます。


少し詳しく言うと
9割が静脈と呼ばれる血液の中、1割がリンパの中にありますので、、、

皆さんもお察しの通り、リンパを流すというよりかは、
血のめぐりを良くすることがベストなのです!!

 

ちなみにですが、
血の巡りは1分で全身をめぐり、リンパのめぐりは1秒に1cmしか進まないとも言われています。このことから、お分かりいただけるように、リンパの流れをよくするということは、かなり現実的に厳しいです。

 

よくリンパの集まる部位(リンパ節もしくはツボという人もいる)を強く押したり、ゴリゴリマッサージをしている人もいますが、強くしても優しくしても効果は一緒ということになります。

それでは

エステやリラクゼーションは何のためにあるの?

→血の巡りを良くするためです。

今まで散々、看護師としての、説明をしてきてしまったので、これでは当店含め、他サロンさんへの炎上記事になってしまうので、ここからしっかり説明します。

 

皮膚の表面には細かい血管、そして細かいリンパが流れるリンパ管が無数にあります。
よく寒いところに行くと、手をこすり合わせたり、両腕をさすったりしますよね。これは本能的に、体温を上げるため、つまり血の巡りをよくしている行動なのです。

 

上記から分かるように、さすっても血の巡りはよくなります。
どうしても日本・中国・韓国は「強い施術=効果がある。」という文化が根付いてしまっているような印象があります。一方、エステの本場フランスでは「施術は羽をなでるような優しさで。」というように、強い施術はナンセンス。

 

賛否両論ではあると思いますが、個人的には同じ効果があるのであれば、「気持ちいい。」ぐらいの眠れそうな強さが好みだったりもします。

 

f:id:Newmoon2019:20191116224209j:plain

なぜ「リンパがつまってる。」が広まったのか


これは謎ですが、個人的には勧誘のうたい文句として、使われた為だと思っております。私も、他サロンにお客さんとして行くのですが、「リンパがつまっているので、続けて施術しないと、このままだとやばいですよ。」とかなりの確率で言われます。勧誘です。

確かに血の巡りが悪いことは承知ですが、
危機感を抱くような言われ方をするのはとても不快だったりもしますよね。

 

おわりに


「リンパがつまっている。」の本当の意味、お分かり頂けましたでしょうか。
何よりも、血の巡りをよくすることに限ります。当店のラフォスは身体の深いところから血の巡りを良くしてくれますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せくださいませ。都度払いサロンのため、ご安心頂けるかと思います。

 

正しい知識を持つことが、理想の体型になることや不調を緩和へ、繋がると思っています。まだ知らない人へ、お伝え頂きたいです。

 

www.newmoon-estheticsalon.com

お題「どうしても言いたい!」

 

 

ラフォスとインディバの違い|New moon

 

今回は、当店で導入しております“ラフォス”と、同じ高周波温熱機器“インディバ”の違いについて、説明していきたいと思います。まだラフォスをご存知ない方は、こちらから読んで頂くと、分かりやすいと思います。

 

newmoon.hatenadiary.jp

 

 

それぞれの違いについてれぞれの

  • ラフォス:日本の会社で5~6年前に誕生。
  • インディバ:スペインの会社で30年以上前に誕生。

 

 インディバは歴史があり、ご存知の方も多いかもしれません。

ラフォスは、日本の新しい機械ですが、韓国生産であることから、韓国の美容クリニックでも多く使われています。韓国ドラマに登場した機械で、一躍有名となりました。

 

どちらの方が効果があるの?

ラフォスもインディバも、同じ高周波温熱機器には変わりありません。

ここからは、当店がラフォスを選択した理由について、説明していきたいと思います。

 

f:id:Newmoon2019:20191115170827j:plain

 ①ラフォスの方が、プレートが大きい。

施術は、お身体の気になる部分に、円盤型のプレートをゆっくり当てていくのですが、そのプレートのサイズが、ラフォスの方が一回り大きいです。広範囲をしっかり温めることができるため、多くのお客様にご満足頂いております。

 

 

f:id:Newmoon2019:20191108155502j:plain

②ラフォスの方が、温まりが速い。

ラフォスは、施術開始から10秒で温まることができるため、深部のこりや頑固な脂肪にしっかりアプローチできます。従来、数分かかっていた温熱を、すぐに体感することができるため、短時間の施術も可能となりました。

 

 

まとめ

ラフォスとインディバの違いは、同じ高周波温熱機器ではありますが、

ラフォスはプレートが大きく、温まりやすい! という理由から、多くのお客様にご満足頂いております。冷えやむくみ、頑固な脂肪でお悩みのお客様はぜひ、ラフォスをご体感ください。

 

当サロンは、予約制の女性専門プライベートサロンです。

メニューは、完全都度払いのみご用意しております。

 

お客様の口コミはこちら

 

f:id:Newmoon2019:20200918150716j:plain

 

f:id:Newmoon2019:20200918150735j:plain

 

 

当店のご予約はこちらから

お気軽にご連絡くださいませ。

www.newmoon-estheticsalon.com

 

www.youtube.com

 

f:id:Newmoon2019:20191115171006j:plain

 

 

 

お題「ちょっとした贅沢」

 

豚コレラについて

お題「最近気になったニュース」

 

いつもブログをご愛読頂き、感謝しております。

今回はお店のこととは一切関係ございません為、ご興味のある方のみ読んで頂けますと幸いです。

 

私は完全ビーガン(動物を食べない菜食主義)ではないのですが、
日常でビーガンの料理を多く取り入れたりしている、どちらかというとベジタリアンだったりします。


今回のブログ記事は、決してビーガンをおすすめするものありません。

ただ、こんなにも困る人がいるのであれば、打開策を早急に打たなければ、何回も同じ過ちを続けることになるよな。といった私の小さなつぶやきだと思って頂けると幸いです。

 

前置きが長くなりましたが、本題へ。

 数年前からあちこちで騒がれている豚コレラ問題。

 

あんまり知らない方の為に少しだけ、説明します。

コレラとは:豚コレラウイルスを持つ豚ちゃんとイノシシくんの病気のこと。

人に感染することはないのですが、上記の動物たちが病気により死んでしまうことが多かったり、感染が広まりやすいことから大量殺処分が否めない現状にあります。

f:id:Newmoon2019:20191115021540j:plain

 

 

 

不思議に思うことその①

 

殺処分された動物が出荷されない代わりに、私たちは何を食べるのか?

 

皆さんは豚ちゃんをスーパーへ買いに行って、売り切れていた場合はどうしますか?大半の人は鶏さんか牛さんを買うと思います。もしくは料理によっては、変わりに豆腐や野菜になりますか?豚ちゃんが手に入るまで、他のスーパーに行く人もいるかと思いますが、多くの人は代替品を選ぶことだと思います。

 

今回のアフリカ豚コレラ問題だけで、38万匹が殺処分されています。

もちろん農家さんにとっては大打撃なのですが、この38万匹が殺処分されたところで、私たち先進国の食生活が困るとか、飢餓するまでいくようなことは決してないです。

豚ちゃんたちは生まれた瞬間から死ぬまでを、私たちの栄養のために全うしてくれていますが、果たしてその消費と生産の割合があっているのか、疑問です。

 

農家さんの見れる範囲内、つまり小さな環境で、本来絶対に必要とされている豚ちゃんたちを育てることが本来の家畜という姿では?と思ってしまいます。

しかしながら、こういった大量家畜をさせたのも、私たち消費者です。日常的に毎日のように豚ちゃんを食べる人が多いからこそ、大量生産が必要。

→農家さんの飼育が大変になる→感染に気が付くのが遅れる→感染していた!

→大量殺処分といったところでしょうか。ずっと負の連鎖が続いているのです。

 

不思議の思うことその②

 

いつも豚ちゃんを食べているのに「またか。」の一言で済ます人が多い。

 

1回限りではなく、数回そして長期的なこの問題に対して

消費者側としていつものように豚ちゃんを食べていても、生産側の気持ちを思う人が少ないのが現状です。殺処分をする役割はもちろん農家さんだけでなく、自衛隊さんもです。そういった心ない消費者から「そういう仕事だろ。」といった言葉が聞かれますが、命を自分の手で殺すほどの残酷な業務はないと思っています。この問題が解決しない限り、いろんな人のメンタルがやられていくことに、多くの人は気がついていません。

 

殺処分による汚水がろ過され、私たちの体内に入る。

 

大量殺処分により血の川となったというニュースを見ました。

www.afpbb.com

 

38万匹もの処分を一斉にするとなると、このような現象になるのは当たり前の話です。

もちろん川も海もすべて繋がっているので、飲み水にも影響が出てくるのは理解できます。もしも二子玉川が血の川だったらどう思うかな?とか考えてみたり。実際、身近に起こらないと現実味がきっとわかないんですよね。だから日本の環境問題はいい方向に向かないことも知っています。先進国に住んでいるからこそ、自分のしていることや考えていることが、環境破壊になっている自覚が少ないのは、仕方のないことなのでしょうか。だからこそ、企業や私のような小さなお店でも、提供側が意識した取り組みをしなければならないと思っています。

 

newmoon.hatenadiary.jp

 

 

まとめ

世界でも日本でも起きてる豚コレラ問題。これに限ったことではありませんが、必要な量を必要な分だけの家畜を理想としているのは、きっと素人発想の意見でしょうか。ただ豚ちゃんをはじめ、農家・自衛隊・そして私たち消費者みんなを苦しめているのは事実です。はやめに手立てをうたないと、いつまでも同じことの繰り返しでもあります。苦しむ人が一人でも少なることを願いたいです。

 

ラフォスとは?痩身から不調緩和まで|New moon

エステや整体で聞かれるようになったラフォス。
痩身に限らず、肩こり・冷えむくみ・ストレスなどの不調緩和までサポートしてくれる万能な機器。今回はその効果について分かりやすく説明していきます。

 

f:id:Newmoon2019:20191108155502j:plain

 

体内から身体を温めるメリット


少し前に“温活”や“冷え取り”ブームがあったように、身体が温かい方が健康にも美容にもいいのは、皆さんもご存じだと思います。温める方法はたくさんありますが、
何よりも体内から温めることが一番です。その最先端が“ラフォス”です。

 

ラフォスはエステだけではなく、医療やスポーツの現場でも使われている、高周波という電波を使った、温熱機器。
高周波エネルギーを使うことで、身体を深部から温めて、体温を上げてくれます。
それにより血のめぐり(血行)が良くなることで、肩コリをはじめとした、全身の凝り固まった筋肉を柔らかくします。

 

血行がよくなると?


→私たちが食べたものはすべて腸で栄養を吸収。そして血液を通して身体全身にいきます。なので血行がよくなると、必要な栄養素がスムーズに届くようになるといった、内蔵効果を高める効果があります。

 

もちろん、血行がよくなることで、細胞同士の入れ替わり(新陳代謝)も活性化。むくみにもしっかりアプローチしてくれ、不調緩和から体質改善へ導いてくれる機器です。

 

リバウンドをしにくい痩身


脂肪を燃焼するには、脂肪を分解してくれる酵素“リパーゼ”の働きを上げなくてはなりません。このリパーゼは体温が1~2℃上がると活発になると言われており、体内からしっかり温めるラフォスが効果的。

 

深さはどれくらいまで?


身体の7~8cmの深さにある骨・内蔵までしっかり温めます。皮膚表面を温めるプレートもあり、セルライトケアにもおすすめ。ちなみにセルライトケアは少し前までは、つぶすケアがとても流行っていましたが、もう古いです。今では温める&もみほぐすに限ります!詳しくはまた今度説明しますね。

 

f:id:Newmoon2019:20191108162836j:plain

 

お客様の9割が眠ってしまうほどの心地よさ


エステ=痛いというイメージがある方も多いと思います。ラフォスの施術は、痛みは一切なく、ほとんどのお客様がおやすみになっていらっしゃいます。身体の内からぽかぽかあたたまり、湯船に入っている心地よさで、リラクゼーション寄りの施術です。

 

脂肪吸引術後ケアにもおすすめ


脂肪吸引のあとは拘縮と呼ばれるボコボコが出来てしまうと思います。
これはむくみや皮膚の再生が追い付かないことによるものなのですが、何もしないと通常3~6か月もかかってしまうボコボコもラフォスをかけると、期間をかなり短くすることができます。ラフォスは韓国の美容クリニックでも多く使われているため、ご安心いただけます。

 

おわりに


痩身から不調緩和までサポートしてくれる、ラフォス。お分かり頂けましたか。
サロンを開くときに、お客様のお悩みの根本解決をしたいうと思いから、ラフォスを導入しました。当店がBefore Afterの写真を掲載しない理由には、1回でのサイズダウンが戻りやすいことを、看護師という医療者立場から理解しているからです。またエステに通い続けなくては、いけないという勧誘行為をしたくないからでもあります。私は月に1回のエステよりも、残りの29/30日をどのように過ごされているかの方が大切だと思います。みなさんが豊かな生活を送るきっかけづくりの場所として、当サロンにご来店頂けると嬉しいです。

 

www.newmoon-estheticsalon.com

 

www.youtube.com

 

お題「ちょっとした贅沢」