身体をたたみ。こころをかざる。

週末は美容・健康ネタ / 平日は忘れっぽい自分の単なるメモ

祝1年!感謝の気持ち

今日でお店をオープンして1年が経ちました。

日頃、ご来店頂いておりますお客様、並びに応援して頂いております皆さんには
心より感謝の気持ちでいっぱいでございます。
 
久しぶりのブログで少々緊張しておりますが、
乱文・長文失礼します。
 
New moonのことで、動き始めたのはちょうど2019年1月お正月明け。
35件近くの不動産屋さんに一人で回り、
「あなたの条件に合う店舗なんてないよ。」と散々に言われ続け、
泣きながら探し続けたのを昨日のように覚えています。
 
最後に見つけたのが今の003号室。
 
何もないすっからかんの部屋で
何かもわからない漠然とした不安に襲われて
一人で何時間も小さなお店の中をぐるぐる回っていたことが、何年も前のように感じます。
 
準備をすすめ、無事オープンはしたものの、お客様はゼロ人。
オープンして3週間目。初めてお客様のご予約が入った感情は今でも忘れません。
 
お店をオープンする時に、大きなお店を構えることも沢山考えました。
だけど、お客様との距離感が遠くなってしまうと思い、
今の小さなプライベートサロンに決めました。
1年経った今、本当にここでオープンしてよかったなぁと思っています。
 
お客様1人1人のお悩みとしっかり向き合えることができて
そして他の人を一切気にせずなんでも話せるような空間を
数あるエステサロンからお選び頂いておりますお客様には本当に感謝しきれません。
 
私がエステサロンをオープンした理由は
皆さんにもっと自分自身を大切にして欲しいな。という気持ちからです。
 
これは以前の私に、伝えたかった言葉でもあります。
仕事とプライベートに追われる日々で、気づいた時には体調を崩し、引きこもっていました。
薬の副作用で今よりも体重が8Kgも増えていたこともあります。
 
お仕事や子育てで忙しい女性は、自分の身体や心と向き合う時間が、なかなか確保できないと思います。
気づいた頃には足がパンパンにむくんでいたり、ストレスで過食して体型に変化が出ていて、
自分では対処できない…そんな女性たちが沢山いることを知りました。
 
年齢・境遇は違っても、すべての女性の味方でありたいな。と思っています。
今までも、これからもこの気持ちは一切変わりません。
 
2年目に入り、今後は、過食症やうつなどメンタルケアが必要な方々へのサポートにさらに力を入れ、
今後とも精進していきます。
 
久しぶりのブログで、ちょっと真面目なことを書いてしまったのですが、
私がどんな人かはYouTubeを見てもらえると、分かると思います。
よかったら覗いてもらえると嬉しいです。
 
 
これからも私らしく、のんびりゆっくり頑張りますので、
今後とも宜しくお願いします。
 
 

 

 

“はじまりの年”が終わる

2019年末日までブログの毎日投稿等をする宣言をしたのですが、
YouTubeを始めたり、いろんなことをしていたら
出来なくなってしまいました。
有限不実行で、すみません。気をつけます。


2019年は“はじまりの年”だった。
今年のお正月明けから、毎日お店のことで動きはじめ、
気がついたら1年経っていた。

 

とっても早く過ぎた1年でしたが、
今まで以上に周囲の景色を見ながら過ごすことができ、
充実した2019年だった。

 

終着駅が決まっているのであれば、快速電車で行く方が手っ取りばやいけれど
そこをあえて、鈍行で行く私は
本当の変わり者だと思っている。

 

鈍行にのると周囲の景色をゆっくり楽しむことができるし、
人との出会いも大切にできる。

 

ガタンゴトンと、ゆっくり動く電車の揺れが
少し大きくなった私のおしりに振動を与える感覚もいい。

 

ゆっくり生きていることだけでなく、
しゃべるスピード、動作が鈍いのも全部、
運動不足のスポーツ心臓のせいだと思ってる。

 

誰かの真似をしたり、無理をすることが
ゆっくりとした鼓動しか打てない自分を、
自ら殺しかけてしまうことを知っている。
だからこそ、ありのままの自分でいようときめた2019年。


10年前に言っていたやることが、いくつもはじめられた年。

f:id:Newmoon2019:20191230210121j:plain

New moon、エステ、カウンセリング。そしてYouTubeもはじめた。

すべてがはじめての連続で、大変なことには変わりないんだけど、
初めて見える光景は、遊びを知らない赤ちゃんのような感覚だった。

 

すべてが新鮮であり、

楽しいことも痛いことも、すべてが自分に跳ね返ってくるような感覚は、
記憶のない懐かしさもあるし、どこか心地いい。


夢を言うことはとっても簡単だけど、始めることは大変だった。
そして始めること以上に、続けることはもっと大変。

 

だからこそ快速に乗らずに、鈍行に乗っている。
大切なことを忘れないスピードでこれからも、丁寧に生きていきたい。

 

色んなことをして、YouTubeやブログでもジャンルがバラバラで
皆さんを混乱させてしまい、申し訳ないです。

 

今している、バラバラなものたちが
早くて10年後には、すべて同時に最終駅に到着する予定。

 

“はじまりの年”が終わるのは少し悲しいけど、
やっとスタートラインに立てた、2019年に感謝して、
また10年先の最終駅にむけて、鈍行は走り続ける。

 

こんな私ですが
来年も仲良くしてください。

 

www.youtube.com

www.newmoon-estheticsalon.com

 

【台風19号】災害ボランティアのため、福島県いわき市へ!!

YouTubeアップしました!!

https://youtu.be/acEpoG__CjQ

f:id:Newmoon2019:20191218214939j:plain

ずっと、災害ボランティアに来たかったのですが、
なかなかスケジュールが組めず、やっと行くことができた。

 

たくさんの被災地がある中で、福島県いわき市を選んだ理由は
祖父祖母が住んでいるから。

 

幸いにもうちの親戚には被害はありませんでしたが、
同じく近くに住んでいる伯母から送られてきた、道路が川になっている写真を見て
決して他人事にはなれなかった。

 

3.11のとき、祖父祖母の家が被害にあったとき、
たくさんのボランティアが来てくれたと聞いて、
いつか恩返しがしたいと思っていた。

 

9:30頃、いわき市ボランティア受付に到着。
ボランティア保険に加入していなくても、無償で加入できます。

 

4~8人のチームに分かれて、車で現場へ。
午前中は、一人暮らしの80代お母さん家へ。

 

こんなにも大雨になるなんて誰しもが予想しなかったのと同じように、
台風当日の夜、お母さんは平屋のお家で、就寝中だったとのこと。

 

足元が濡れていると思って、「はっ。」と起きたら、
周りはすべて水だったと聞いて、
私には、この恐怖は耐えられないと思った。

 

もちろん畳も、大事なものも、ほとんど浸水してしまっていた。
私がいった今日は、もうすでに畳もはがした後で、だいぶ綺麗になっていたように見えた。

 

しかし、台風がきて2か月経った今も
庭の奥には、どこから流れてきたかは不明な、
何かの棒や、大きな部品があったりした。

 

この現状は、
自分の目でしか見ることが出来なかったし、
これが現実であることに、疑いたくなる気持ちもあったりした。

 

ある程度片付いてくるとなると、チームリーダーは、
その日のボランティア終了後に
ボランティア継続の有無を確認することになる。

 

確かに、毎日ボランティアが入ることで、
綺麗になりつつあるが、お母さんの心は
片付くわけもない。

 

しかしながら、いわき市社会福祉協議会(ボランティア主催者)も
ボランティアをいつまでも継続することが難しいと思うし、
これが現状だと思うと、勝手に心が痛くなった。

 

お母さんは自宅の隣にある、建設されたばかりのマンションを見て、
「あんな風に新しい、家を建てれたらいいけど。もう無理だね。」と言っていた。

“がん”を患っていることを知っている私からすると
無念で仕方なかった。

 

最後に車からお母さんを見たときに、
どんな顔でどんな言葉を言えばいいか分からず、ただ会釈だけしかできない自分が
本気で嫌いになった。

 

f:id:Newmoon2019:20191218215543j:plain


午後は農家さん家へ。
写真や動画は、SNSなどのアップは禁止されていますが、
今回、特別にオーナー様に許可を頂きましたため、YouTubeとこのブログにてアップさせて頂きました。

 

かつて田んぼの苗などを栽培していた
ビニールハウス内。

 

泥でぐちゃぐちゃになっており、ボランティア開始前は大きな山ができていた。
20人ちかくのボランティアでも、途方にくれるほどの量であったが、
3時間ほどで綺麗になった。

 

水分を含んでいる土は重くて、運んでも運んでも底がなかなか見えず、
改めて土・泥の恐怖を感じた。

 

f:id:Newmoon2019:20191218215614j:plain



今回、災害ボランティアに来ていた人は
学生さんから定年後の方まで。私のように東京・千葉・静岡などの関東県内から
来ている人が多かった。


どちらかというと、地元いわき市の人は、慢性的なストレスもあったりして、ボランティアになかなか参加できない人も多いとのこと。だからこそ今、ボランティアが必要である。

 

国籍も名前も年齢も経歴もバラバラだけど
ボランティアをして、少しでも被災された方への思う気持ちは
みんな同じように感じた。

 

みなさんが不慣れな私にも優しくしてくれたりして。
いつも、ボランティアをして思うことは、
感謝の気持ちを言われるよりも
私の方がほっこり、温かい気持ちになるということ。

 

こちらの方が、感謝の気持ちをいいたい。

 

現在、福島だけでも5つの避難所があり、避難生活をされている人がいるとのこと。
自分のできる範囲で、これからも手を差し伸べていきたい。

f:id:Newmoon2019:20191218220017j:plain

 

過去の記事です。 

newmoon.hatenadiary.jp

newmoon.hatenadiary.jp

newmoon.hatenadiary.jp

 

www.youtube.com

YouTubeはおばあちゃんのドッキリの為。

YouTube動画アップしました!

今回は自己紹介もかねて、YouTubeを始めた理由などを。 

https://youtu.be/bFrECDvdo_M

f:id:Newmoon2019:20191217145006j:plain

 

「いさちゃんねる」の「いさ」は

私のおばあちゃんの名前です。

 

自分で「いさです。」って言ったり、

見てくれている人が「いさちゃん。」って言ったりして、

私からするとかなりツボです。笑

 

なんで祖母の名前でやっているかというと、

すべてはドッキリのため。

それをしたいが為に、YouTubeを始めました。

 

ドッキリは祖母に向けたもの。

私はブログでも少し触れていたように、引きこもっていた過去があります。

 

newmoon.hatenadiary.jp

newmoon.hatenadiary.jp

 

東京にある自分の家でも、引きこもることが嫌になってしまい、

東北の祖母の家で引きこもることにしました。

 

期間は短い方かもしれないけど半年ちょっとぐらい。

ど田舎の家でさえ、外に出ることが難しいときもありました。

 

東京に戻ることを考えると吐き気が止まらなくて、

田舎への移住も考えたり。

 

だけどおばあちゃんがあるとき、こう言いました。

「東京の人は、東京に帰りなさい。」

 

厳しくもあり、この優しい言葉が

私の目を覚ましました。

断薬後の夢みごこちな世界から、一瞬で帰ってきた気がした。

 

 そして、私は東京にある

自分の生まれた病院で、看護師として

人生の再スタートをしました。

 

仕事に慣れてきた頃にふと、思い出しました。

引きこもっていたときに、いろんなことを考え、

看護師を続けることもいいけど、

せっかく生きているのであれば、いろんなことにチャレンジしたいと

思うようになったことを。

 

そして、エステの道に入りました。

医療と美容の解釈も違う分、きちんと学校にも行き、日本エステティック協会認定エステティシャンとして、エステサロンを経て、独立したというような経歴です。

 

少し話は遠回りしてしまいましたが、

今こうして、元気で生きていられるのは祖母のおかげだと思っています。

 

そんな祖母へのドッキリ。

私が「いさだよ。」と言ったら、祖母はどういう反応をするのか?

それだけの反応が見たいが為に、YouTubeをはじめました。

 

私は引きこもっていたころ、人間不信になってしまい

連絡先もLINEもSNSも、すべて消してしまいました。

友人一人とも連絡がとれなくなってしまい、祖母もそれを把握していると思います。

 

引きこもりから数年経った今、

こんなにもたくさんの人に応援してもらっている私をみたら、

祖母はきっと喜んでくれるのではないかな。という

アホな孫の小さなドッキリです。

 

もちろん応援してくれる人には、少しでも参考になるような健康・美容ネタ。

そして、時々はぶっとんでいる私のプライベートをアップしていきます。

 

それを見て、少しでも

「くだらないなぁ。」「クス。」っとでも笑えるよな動画を

感謝の気持ちとして、アップをしていく予定です。

なので、ジャンルはぐちゃぐちゃ。

 

今、見てくださっている人が小学生から70代なので、

これからも色んな動画をアップしていきますので、興味のあるものだけ

ぜひこれからも見てもらえたら嬉しいです。

 

こんな変わり者の私ですが、もし応援してくれる方がいたら

ぜひチャンネル登録よろしくお願いします。

 

www.youtube.com

いさちゃんねる。YouTube (@yukie___suzuki) on Twitter

 

www.instagram.com

【むくみをとる】には、マッサージよりも○○!?

お題「どうしても言いたい!」

YouTube動画アップしました!
今回は【むくみをとる】方法についてです。

https://youtu.be/fTcRK31C47o

f:id:Newmoon2019:20191217133835j:plain

今の忘年会シーズンや、これからの新年会にむけて
ぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

どうしても、見た目が気になると思うので
みなさんマッサージなど、外からの対処にこだわりがちです。

 

しかし、それよりも大切なのが、身体の中からむくみをとること。
つまり、むくみを取りやすい食べ物に変えることが
大事だったりします。

 

飲み会中は気を付けることは難しいと思うので、
個人的には飲み会の翌日の朝・昼ごはんを意識してもらえたらいいと思います。


むくみをとる方法以外にも、
たくさん水分を飲むことが大切な理由についても、ご紹介しています。

よかったらぜひ、見てください。

 

www.youtube.com 

www.newmoon-estheticsalon.com

本気で痩せたい女子必見!痩せやすい時期だけ、ダイエット!!

YouTubeアップしました!
今回は美容ネタ。本気で痩せたい女子向けです。

https://youtu.be/biKast46W0c

f:id:Newmoon2019:20191216181458j:plain 

「ダイエットをしていても結果が出ない。」ってよく聞きます。
女性の場合は、女性ホルモンに合わせてダイエットしないと、
なかなか効果が出ずらいです。

 

もちろん期間を決めて、毎日頑張ることができるのであれば、いいのですが、
お忙しいみなさんには、メリハリのあるダイエットをお伝えしています。

 

痩せる時期だけ、頑張る。
痩せない時期は、今の体重をキープするための努力をする。

 

これだけで、確実にダイエットはしやすいです。
ぜひ、本気で痩せたい方は、御覧になってください。

 

週末は、健康・美容ネタの動画アップになりますので、
宜しかったらチャンネル登録宜しくお願いします!

 

www.youtube.com

 

www.newmoon-estheticsalon.com

マイピッグカフェの動物愛護について考えた。

先日マイピッグカフェに行ってきました。
YouTubeにアップしたので、よかったら見てください。

https://youtu.be/Dkzj1dzYUcs

f:id:Newmoon2019:20191213115859j:plain

ちなみに、動画では一切、動物愛護には触れていません。

 

それでは、気になる問題点。

①豚コレラの感染対策

 

お店の玄関には1匹の豚ちゃんがお出迎えしてくれるのですが、玄関は色んな人が出入りをすると思うので、感染面としてはとても心配だ。豚コレラは強い感染力と高い致死率が特徴的だし、1匹感染しただけで、お店にいる全匹の命が危ないことにもなる。

実際に豚ちゃんと触れ合う前に
・豚コレラが発生している国への渡航
・来店2日以内で他の豚ちゃんの接触はないか
確認されるのだが、日本自体が豚コレラ感染国であるし。。。とも思ってしまったり。

こちらのマイピッグカフェは、繁殖・販売もしているとのこと。
日本の山梨で繁殖しているらしい。
山梨の隣県、長野では豚コレラで殺処分した農場があり、埼玉、そして山梨でも豚コレラが発見されているが、果たして大丈夫なのだろうか。

日本で豚コレラがこれだけ流行してしまっている現状を考えると、かなり心配だ。

newmoon.hatenadiary.jp

 

 

② 豚ちゃんのストレスが多すぎる

f:id:Newmoon2019:20191213120232j:plain

お店に1時間滞在させてもらったのだが、とにかく豚ちゃんの歯ぎしりがすごい。
人間と同じで、歯ぎしりはストレスがかかっている時に、ギシギシする。1匹の豚ちゃんだけが、しているのかと様子を見ていたが、そんなこともなかった。何匹もの豚ちゃんが、ストレスをかかえているように感じた。

他に気になったのは、鼻彫り・ルーティングと呼ばれる、土を掘り起こす行為を、クッションで行っていたことだ。YouTubeでもその様子をアップしているのだけど、エンドレスな感じでずっとしているのが、心配になった。

養豚場の豚ちゃんたちに比べたら、小さなワンルームに5匹で、少し動き回れて幸せなのかもしれないが、上記2つの様子をずっと見ていると、とても心配になってしまう。

ちなみに豚ちゃんたちが人にのっている時には、はぎしりはしていない。これもまた人間と同じで、安心するとストレスが軽減されているんだな、思ったり。
時間でお客さんは入れ替わりするわけで、豚ちゃんも新しいお客さんにはすぐ寄り付いたりしない。初対面の人の様子を少し伺ったりしているように、私には見えて、それってかなりストレスだなと思った。

一番気になったのは、スタッフさんの発言だった。
私がコアな発言とかをしたのがいけなかったのか、「ここにいる豚さんたちはストレスはかかっていない。」と言っていた。歯ぎしりをかなりしている様子を見ていると、私以外のお客さんも豚ちゃんのストレスを心配していたし、むしろ、スタッフさんには、豚ちゃんのストレスが少なからずあることを認めてくれた方が安心できたかもしれない.

 


③ イギリスと日本の動物愛護のちがい


イギリスでは豚ちゃんのペットがとても有名。ヴィーガン(動物性食品を食べないこと。)発祥の地でもあり、動物福祉・動物愛護についての先進国だ。なので豚ちゃんとワンちゃん・ネコちゃんのような感覚なのも理解できる。しかし、日本ではどうだろうか。保護犬・保護猫の殺処分が減らない中で、マイクロブタを広めたいというのは、かなり心苦しい。

スタッフさんからは、飼い主の審査もあるし、マイクロチップを埋め込んで飼い主情報も入っているから安心だ。との意見もあるが、私は首をひねってしまう。これもまたエゴなのだろう。

 

④ そのほかにも色々


今、マイピッグカフェでの豚ちゃん購入は1年半待ちらしい。それぐらい人気があるとのことだが、人間が豚ちゃんの色を指定いることもあるらしく、ピンクだったらピンクの豚ちゃんが生まれるまで繁殖を続けるということになるらしい。
また、お店の違うフロアには40Kgに成人した、マイクロブタちゃんもいて、飼い主が買うときに確認される為だけとして、飼育されているとのこと。スタッフさんが言っていたが、時々、様子を見に行くと「かまって。近寄ってきたりします。」っていっていて、またして首をひねってしまったり。

 

おわりに


いつも人間はピラミッドの頂点にいることを、ストレスに感じるのは私だけだろうか。上記のことや、飼育するためだけの品種改良など、疑問点は沢山ある。マイピッグカフェとして、マイクロブタを広めるのであれば、スタッフさんにはもう少し動物愛護について考えているような接客をして頂けないと、こちらも心配になってしまう。YouTubeではすべてカットしたが、スタッフもかなり疲れているのか、ストレスを抱えているように感じた。

豚ちゃんも人間もストレスのかからない方法って、なんだろね。

 

www.youtube.com