捨てるが先か、拾うが先か【前編】

f:id:Newmoon2019:20191004115707j:plain

 

今日の収穫11本。


毎日平均5~15本。


銘柄はLARK、MEVIUS、Marlboro、LUCKYSTRIKE、KENT…

 

つまり捨てる人は一人ではないのだ。 

 

 

最初の頃は、


毎日この本数が捨てられていると


嫌気がさしてたけど、半年以上、毎日続けると

 

「あ、今日は15本もある。(はーと)」


「今日は2本だけか…。(残念)」とか思い始めてきて


ポイ捨ての本数が少ないと、ガッカリする自分がいたりする。


そう、捨てる側のツボにまんまとはまっているのだ。

 

 


3日前、事件は起こった。


朝8時頃、いつものように収穫していると


ある一人の男性が私のことをずっと見ている。


年齢は30代であろう、スーツ姿の男性。


手には吸いかけの短くなったたばこを持っていた。


つまり、捨てるタイミングを見計らっていたところ


楽しそうに収穫していた私を発見してしまったのだ。

 

 

お互いに3秒程見つめ合っていたと思う。


このまま恋に発展するようなことがあったら面白いが、


そんなこともなし。

 


私も会釈などすればよかったなと思うが

 

“ついに捨てる人を見つけた!!(やったー。)”


というよく分からない嬉しさがあり、


そんな余裕はなかった。

 


線路が開いたと同時に


男性は駅に向かって速足で歩いていった。

  


店の隣の隣の隣に住んでいるおばあちゃんが


「駅に近づくとポイ捨てが多くなるのよ。」って教えてくれた


人混みが多くなる前、


ちょうど線路が開くのを待っているときに


みんな捨てたくなる心理がはたらくのだろうと思った。

 


これからも捨てるが先か、拾うが先か


かけひきは続くのだろう。

 

https://www.instagram.com/yukie___suzuki/

 

www.newmoon-estheticsalon.com