冷めたあきたこまちが好き

#わたしの推し米

 

「お米っておいしいよね。」っていう話をすると
だいたいの人はホカホカのお米を想像すると思う。

 

だけど、私の場合は
冷たいお米を想像しちゃう。

 

なぜなら、私はかなり猫舌だから。
っていうのもあるけど、
冷めたおにぎりの思い出がたくさんあるから。

 

f:id:Newmoon2019:20191009143248j:plain

 

わけあって、数年前
祖母の家に半年ぐらい引きこもってた。
毎日昼13時頃に起きて、朝4時頃に寝るといった生活。

 

起きて、まずリビングにいく。


ソファに座っている祖母が
「いまおきたな。(今、起きたの?)」
「まず飯食え。あたためなさい。(ごはんあるよ。温めて食べなさい。)」

と言ってくれる。(秋田弁って文章にすると、言葉悪いな…)

 

炊飯器のスイッチは切ってあって、中には冷めたあきたこまちがいる。
昨日炊いた残り。
それを祖母の言葉を無視して
温めずに食べるのが好きだった。

 

祖母には変わった目でみられ、いつも笑われた。
伯母には「なんで冷たいの食べてるの。笑 温めてくるよ。」と言われ、
断れずに温められてしまう日もあった。
きっと、みんなには冷たいあきたこまちの良さが分からなかったのだろう。

 

昼夜逆転生活、断薬直後の副作用で
あたまの中がぼーっとしてる私。

尚且つ寝起きで食べる冷たいあきたこまち
私の脳を冷ましてくれるような感覚にさせるのだ。

 

それはどこか懐かしくもあって、
小さい時によく母が作ってくれてた
おにぎりを思い出させる。

 

祖父が亡くなって
大泣きした後、ぼーとしていた時に食べた
おにぎりを思い出させる。

 

そう小さいときからずっと“あきたこまち”。
冷めていても甘くて、強い粘り気があって、
もちもちしてておいしい。

 

 

小学生の頃、習い事の合宿先で出たお米が
あきたこまちではないことに気づき、

一粒も食べることができなかった。

6歳のときから生意気だ。

 

そんなこんなで、今も今後もあきたこまち
さすがに大人になって、ホカホカも食べれるけど、
家では冷めたのを食べてしまう私はきっと
変態なんだろう。

 

 

 

話は変わって、ただいま
【おにぎりアクション】開催中。

 

onigiri-action.com

おにぎり写真を1枚投稿すると、
給食5食分がアフリカ・アジアのこどもたちの給食として
届けられるプロジェクト。

 

インターネットからもInstagramからも投稿可。
私も投稿しました。
興味ある方はぜひ。

 

 

 

www.newmoon-estheticsalon.com